北村調査事務所<ブログ
離婚相談窓口

検索

最新情報

カテゴリー

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

アーカイブ

プロフィール

Mobile

qrcode

リンク

管理用

Comment

名古屋の探偵ブログ

結婚調査
結婚調査

数日間の張り込みの間に、調査対象者の住宅の周りの住民に聞き込みをしました。

探偵としては、当たり前のことですが、住宅の遠くから段々と住宅に近くなるように、聞き込みをかけて行きます。

最後の聞き込みは、調査対象者の隣近所になりました。

聞き込みの結論は、隣の住民が教えてくださいました。

まず、住民は1ヶ月以上前に引っ越していて、今は誰も住んでいない。

引っ越し先は、近隣住民には、教えていない。
(そもそも、住宅に住んでいた時から近所付き合いはなく、車庫に置いてある軽四トラックに書いてある、ペンキ屋の名前で勤め先がペンキ屋さんとは、認識していたぐらい)


それにしても、近隣住民の口が重たかったこと…
引っ越して居なくなった場合は、結構お話が簡単に聞けるのですが、口には出されなかったのですが、関わりたくない住民だったようです。


調査対象者の住民が、近隣付き合いがなくなったのは、元の住宅の所有者の祖父母が死亡してからで、それまでは、挨拶くらいはしていたそうです。


近隣住民は、築50年以上の木造住宅と隣接している駐車場がゴミ箱状態で、放火や自然発火などがあったら自分の住宅に引火するので、きれいにして貰わないと、たいへん迷惑だと言われました。

結婚調査イ紡海ます
| 結婚調査 | - | - | 北村調査事務所 |
結婚調査

結婚調査

ご依頼者様から聞いていた、結婚予定相手の住所は、簡単に言うと、「ゴミ屋敷」屋敷というほど立派ではありませんが…

建売住宅ではなく、明らかに注文住宅(かなり安い方)です。

まずは、現場住宅の所有者関係調査を開始しました。


上物(住宅)は、調査対象者の父親の物件で祖父が死亡により相続にて取得。


土地、業者より長期賃借権での借り物、契約書には解約時は土地を更地にして返すこと。

(故父親が借入た際の契約、相続を受けた者は、その契約内容を引き継ぐ)
このような、契約は一般的で何も驚かないのですが、そもそも最初の依頼者様からの情報では、

ここに住んでいるはずでですが・・・・・

 

数日間調査対象者が帰ってくるか、張り込みをしました。

 

結婚調査 い紡海ます。

 

 

| 結婚調査 | - | - | 北村調査事務所 |
結婚調査
結婚調査

依頼内容が、資産調査と風評調査なので、まずは現場(相手方の自宅)に向かいました。

相手方の自宅は、二階建てで、横に駐車場がある、ぱっと見では築50年以上は経過している木造住宅でした。

まずは、家族構成とご近所の風評をと考えていたのですが、表札も無くて、人が住んでる雰囲気がありません。
(玄関先はゴミだらけです)

駐車場を見ると、ボロボロの洗濯機とガラクタだらけで車を入れるスペースがありません。

職業は聞いていましたので、車がないと仕事にならないはずです。

自宅回りを確認して(電気メーターが回っているかとか)回っていませんでした。

これ以上、調査を続けても進捗がないので、自宅の建物と土地の所有権の調査に移行することにしました。
に続きます。
| 結婚調査 | - | - | 北村調査事務所 |
結婚調査
結婚調査

関東エリアから、ご子息様の結婚予定の女性に関する調査依頼をお受けしました。

調査エリアが、中部地方ですから、北村調査事務所を選ばれたのは、理解できるのですが、依頼者様が両親とお婆様の三人でご相談に来られました。

詳しく、お話を聞くと結婚相手の女性は、かなり年上で今までご縁がなかったとは思えないし、片親(父)で育ったとのこと。
色々と考えさせられることが多い結婚話です。

まずは、資産調査と、近所の風評調査を引き受けました。

△紡海ます。
| 結婚調査 | - | - | 北村調査事務所 |
51才の新郎と44 才の新婦。
51才の新郎と44才の新婦。8

妊活を諦めて、養子を貰うのかと、思っていたら、子供は自分の血を引いていないのは、抵抗感があるそうです。

結果、姑様が定期的に、北村調査事務所に愚痴を話に来る頻度が増えただけでした。

51才の新郎と44才の新婦。 (終)
| 結婚調査 | - | - | 北村調査事務所 |
51才の新郎と44 才の新婦。
51才の新郎と44才の新婦。7

妊活も、車二台分を超えたところでお嫁さんから、ギブアップが出ました。

高齢の両親と夫婦の四人で、話し合ったそうです。

お医者様から、子供が欲しかったら養子も視野に入れることも考え方ですと言われたそうです。

妊活を止めて、養子となるとお医者様は、全く儲からないのに、代替え案を出したということは、妊娠は諦めた方がよいということです。

新郎は53才、新婦は46才を過ぎようとしていました。
8に続きます。
| 結婚調査 | - | - | 北村調査事務所 |
51才の新郎と44 才の新婦。
51才の新郎と44才の新婦。6


最近のお話では、お嫁さんに妊活のプレッシャーが凄いことになっているそうです。

新郎の息子さんの検査は、妊活の最初にしてあり、医者から「問題無し」と検査結果が出ているので、お嫁さんへのプレッシャーが半端ないのです。

もし、子宝に授かっても100才位迄、長生きをしないと孫の成人式は見れません。

妊活の費用は、全て姑が出しているそうです。

既に、車が買える金額は終わっていて、お嫁さんのご苦労はまだまだ終わらないようです。

7に続きます。
| 結婚調査 | - | - | 北村調査事務所 |
51才の新郎と44 才の新婦。
51才の新郎と44才の新婦。5

最近は嫁さんの実家の愚痴と、息子夫婦に子供ができないことが、不満の要素のようです。

最初に、年齢から考えて子供は、諦めていると言っておられたのですが…

6に続きます。
| 結婚調査 | - | - | 北村調査事務所 |
51才の新郎と44 才の新婦
51才の新郎と44才の新婦。4

姑様の愚痴を聞くようになって、約一年間が経ちました。

あいかわらず、愚痴の内容は一緒なのですが、最近は愚痴の内容にプラスされる事柄が出てきました。

嫁さんの愚痴に飽きたのか、それともよほど気にいらないのかは分かりませんが、最近は嫁さんの実家の愚痴(悪口ですね)が増えてきました。

5に続きます。
| 結婚調査 | - | - | 北村調査事務所 |
51才の新郎と44 才の新婦
51才の新郎と44才の新婦

新郎の母親が、北村調査事務所に、愚痴をこぼしに来る回数が多くなりました。

3ヶ月くらいは、我慢してみえたのですが…

最初の愚痴は、何処にでもある。
「四角いところを丸く拭く」
本当に、何処にでもある愚痴だったのですが…

だんだんと、個人の人格のお話になり、実家のお話になり…

早い話が、全てが気にいらないのです。

「だから言ったでしょ」なんて言ったら、とばっちりが来るのは分かっているので黙って聞いていました。

い紡海ます。
| 結婚調査 | - | - | 北村調査事務所 |